〒656-0051 兵庫県洲本市物部三丁目2番63号
兵庫県知事許可 塗装工事業 一般24- 第802019号

事業内容
TEL 0120-488-454
FAX 0799-22-1125
TEL

南あわじ市 倉庫の現場調査の様子をご紹介いたします。

  • HOME
  • ブログ
  • 南あわじ市 倉庫の現場調査の様子をご紹介いたします。

こんにちは。
いつもサイト、ブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

南あわじ市 Y様邸の倉庫の外壁塗装、コーキング工事、防水工事を承りました。
今回は工事に至るまでの現場調査を行った様子をご紹介いたします。

すぐにお見積りが欲しい、と仰るお客様もおられることと思います。
しかし、現場を確認しないことには、
・現在の家の状態
・何か問題が確認されたときの対処

など、お客様にご説明することができません。

マナホームでは現場調査を必須としており、
お客様にご理解いただいたあと、無料で診断いたします。

さて、Y様邸での現場調査です!

<外壁の調査について>
外壁を触ってみると、チョーキングと呼ばれる現象が起こっておりました。


チョーキングとは、外壁を手でこすると白い粉が付く症状のことをいいます。
顔料が劣化しており、粉状になっております。

チョーキングが生じて粉が手に付着することから、
塗料が外壁を守る効果がなくなり、塗替え時期となっていることがわかりましたので、
外壁塗装をY様におススメいたしました。

この症状の確認は手で触るだけでとても簡単です。
皆様、ぜひお試しください~!


<コーキングの状態について>

コーキングが劣化し、ひび割れが生じている箇所が多数見受けられました。


コーキングは一般的にはあまり知られていない箇所ですが、
建物に当たり前のように使用されている、大変重要な箇所になります。
窓などの役物と外壁の継ぎ目などにコーキングを行う事によって、継ぎ目からの雨水の侵入を防ぐ事が出来ます。
写真のように、ひび割れが多数生じると、亀裂を引き起こす原因ともなり、構造によっては雨漏りを引き起こす可能性もあります。
コーキングの亀裂を見かけた方は専門家に相談しましょう。


このような症状を確認し、Y様にはコーキング打替え工事をおススメいたしました。


<防水面の状態について>
屋上、ベランダにコケの発生が見受けられました。



じつは、このコケの発生もメンテナンス時期のサインとなります。

コケや草が生える理由はまず、防水性が低下していることが言えます。
特に水はけが悪く、防水性が低下した箇所に、雨が降りますと、雨水を吸って湿気などからコケや草が生えることがあります。
例えば雨樋にゴミが詰まると水捌けが悪くなり、雨水が溜まり防水性が低下して雨漏りに繋がることがあります。
なのでコケや草が生えたらメンテナンスのサインとなります。

このような点から、Y様には防水工事をおススメいたしました。



他にも、さまざまな調査結果をY様にご提示し、調査結果をもとに、
今回行う工事をご相談し、決定いたしました!

今回は簡単な確認方法をご紹介いたしました!
皆様もお外が暖かいうちに、メンテナンスチェックをおススメいたします。
また、マナホームでは無料で現場の調査を行っております!
ぜひマナホームにご相談ください!

次回はY様邸の外壁塗装の工事の様子をご紹介いたします。