〒656-0051 兵庫県洲本市物部三丁目2番63号
兵庫県知事許可 塗装工事業 一般24- 第802019号

事業内容
TEL 0120-488-454
FAX 0799-22-1125
TEL

南あわじ市 ウレタン防水工事のご紹介です。

  • HOME
  • ブログ
  • 南あわじ市 ウレタン防水工事のご紹介です。

こんにちは。
いつもサイトをご覧くださり、誠にありがとうございます。

さて、南あわじ市の防水工事のご様子です。
Y様の倉庫について、これまで外壁塗装工事、コーキング工事のご紹介をいたしました。

今回はご依頼いただいた3つ目の工事、
陸屋根、ベランダでのウレタン防水工事についてご紹介いたします。

既存の陸屋根、ベランダは防水面が低下し、コケが発生するなどの劣化症状が出ておりました。
どちらも外部に面しており、放置すると雨漏りの原因になりやすいことから、定期的なメンテナンスが必要となります。




今回は防水工事の一つ、ウレタン防水工事をご紹介いたします。

ウレタン防水工事

<高圧洗浄>

まず、外壁塗装工事と同様、高圧洗浄を行います。
屋根や外壁の塗装では高圧洗浄が必須の項目です。
汚れたままの防水面に、いくらいい塗料を塗っても付着が悪く剥がれてきてしまうからです。
塗料を長持ちさせるためにも洗浄で汚れや古い塗膜をきれいに洗い落とすことが重要です。



<下地処理>

防水面にひび割れの発生がいくつか確認されました。
このようなひび割れを補修せずに防水すると、防水層が傷んだ時に雨漏りする原因になる危険性があります。
防水性を向上させるためにも事前に修理が必要です!
防水工事を施す前に、しっかりと補修を行いました。




<下塗り>

防水面にプライマーを塗布しました。
プライマーは透明の塗料で、防水層をしっかりと密着させる役割があります。
プライマーを塗布せずにいきなりウレタン防水材を施工すると、
防水層が浮いたり剥がれる原因になってしまいます。
プライマーは透明ですし、上に防水層を施工すると見えなくなりますが、重要な役割を担っています。





<中塗り>
立ち上がり壁から床面にかけて防水層を形成していきます。
防水層になる「ウレタン樹脂」を塗布します。


ウレタン樹脂は液体状で、ローラーで伸ばしながら施工します。
液体状なので、壁から床にかけて継ぎ目のない防水層を作れます。
継ぎ目部分は風雨などの漏水などの弱点になりやすいので、
その継ぎ目がないということは最大の利点です。


ウレタン樹脂の防水性能を発揮するには適切な厚みが必要です。
1回塗布した後乾燥させてから2回目を塗布して厚膜に仕上げました。





<上塗り>
ウレタン樹脂が乾いた後、トップコートを塗布して仕上げます。
ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、トップことを塗ってあげると保護されて長持ちします。


トップコートが乾くと歩行可能になります。
見た目も美しく完成しました!

今後は、トップコートが傷む前に塗り替えてあげると、防水層の劣化を抑えることができます。
大きな工事をするよりも、定期的なメンテナンスでコスパを良くすることができますよ!

メンテナンス時期については、現場調査により、お知らせすることができます。
マナホームでは、現場調査を無料でおこなっております。
ぜひご利用くださいませ!