〒656-0051 兵庫県洲本市物部三丁目2番63号
兵庫県知事許可 塗装工事業 一般24- 第802019号

事業内容
TEL 0120-488-454
FAX 0799-22-1125
TEL

淡路市で外壁窯業サイディングと屋根カラーベストの現場調査。

  • HOME
  • ブログ
  • 淡路市で外壁窯業サイディングと屋根カラーベストの現場調査。

こんにちは。
いつもサイト、ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

淡路市 M様のご自宅の外壁塗装工事、屋根塗装工事、付帯部塗装を承りました。
屋根は2年前に塗装された、とお伺いいたしましたが、
この度、屋根塗装工事もお受けすることに至りました。

今回は工事に至るまでの現場調査を行った様子をご紹介いたします。



<外壁調査 チョーキング現象>
M様のご自宅の外壁は窯業サイディングとなっております。

窯業サイディングは耐火性能があり外観の種類も豊富というメリットがあります。
反面、窯業系サイディングはセメント質が主成分で出来ており、材質自体に防水性能はないという欠点もあります。
防水性能を補うための外壁塗装やコーキング部分の劣化には気をつける必要があり、
定期的な塗装やコーキングのメンテナンスが必要です。

外壁を手で触ると、チョーキングを起こしていました。
チョーキングとは劣化して粉状になった塗膜が剥がれてくる現象のことで、外壁を手で触ると白くなります。
チョーキングは塗膜の劣化のサインで、塗り替え時期の目安にもなります。




<外壁調査 外壁の塗膜の剥離>

外壁には経年劣化による、古い塗膜の剥離が生じておりました。

塗膜は正常な状態ならば、紫外線や雨風から家を守ってくれます。
しかし、経年劣化により徐々に傷んでくるため、このように剥離が生じることもあります。
放置すると、外壁材の塗膜が剥がれた箇所から雨水がしみ込みやすくなり、雨漏りや家の傷みの原因となる危険性があります。



外壁のチョーキング現象の発生、
古い塗膜の剥離
、 
その他 確認した内容をふまえ、
M様に古い塗料が剥離した箇所を研磨後し、外壁塗装工事をご提案いたしました。



<屋根調査 塗膜の剥離>

外壁の調査と共に、お客様にご許可をいただき、屋根の状態も確認いたしました。
屋根は2年前に塗装を行った、とお聞きしておりましたが、
塗装したはずの塗膜の剥離が確認されました。



確かに、屋根は紫外線や雨水の影響を受けやすい場所になりますが、
2年でこのような剥離が生じるのはさすがに早すぎます。
このように、塗装してすぐに剥がれた場合は施工不良の可能性があり、以下の要因が考えられます。
・下地面の強度不足
・塗装前の準備(ケレン・洗浄)不足
・塗料の選定ミス
・塗装時のミス

屋根塗装が剥がれてしまった場合、その剥がれは日々進んでいます。
そのため、塗料が剥離した場合、外壁と同様に補修が必要です。
剥がれはすぐに雨漏りを発生させる訳ではありませんが、時間をかけて屋根内部まで劣化していきます。
剥がれは着実に劣化が進んでいる証拠です。そのため、できるだけ早めの補修をおすすめします。

M様には、屋根の塗膜の剥離のほか、屋根の調査で判明した状況をお伝えし、
紫外線に耐候性のある遮熱塗料を使用した、屋根の塗装工事をご提案させていただきました。


<付帯部 雨樋調査>

付帯部の調査をさせていただきました。
こちらは雨樋を下から見上げた状態になります。



雨樋は外壁の付帯部になります。
外壁塗装時には付帯部も同時に塗装して美観性を向上させることがほとんどです。
その分費用が掛かりますが、雨戸や雨樋、その他の付帯部が古いままだと、
そこだけ目立ってしまい、せっかく塗装したのに全体的な仕上がりに悪影響を与える可能性があるので、
同時に塗装することをお勧めしています。

雨樋などの付帯部に汚れ、退色が見受けられましたので、
M様に雨樋などの付帯部の塗装工事をご提案させていただきました。


他にも、さまざまな調査結果をM様にご提示し、調査結果をもとに、
工事をご相談し、決定いたしました!

皆様もお外が暖かいうちに、メンテナンスチェックをおススメいたします。
また、今回のように屋根など、お客様個人でのチェックが難しい箇所は、
マナホームの無料の現場調査をご利用くださいませ!

次回はM様邸での外壁塗装工事のご様子をご紹介いたします。